エアバス:最新鋭機A350のバッテリー,リチウム使用断念を検討

欧州の航空機メーカー、エアバスは 「A350」モデルのバッテリーに通常電池を用い、リチウムイオン電池 の使用を断念する計画を策定中だ。事情に詳しい関係者2人が明らかに した。競合する米ボーイングの「787」(ドリームライナー)は、リ チウムイオン電池をめぐる問題で、運航停止を余儀なくされている。

協議が非公開であることを理由に匿名で語った同関係者によると、 ボーイング同様の問題が発生するリスクを回避するため、この計画が検 討されている。最終決定にはまだ至っていないという。

787は1月16日以降、日本航空機での火災発生を受け運航停止と なっている。米運輸安全委員会(NTSB)のハースマン委員長は今月 7日、同型機のリチウムイオンバッテリーをNTSBが調べた結果、一 つのセルの不具合が全体に波及し、制御不能の過熱状態を引き起こした ことが判明したと説明した。

原題:Airbus Said to Plan A350 Battery Switch to Avoid 787 Lithium Woe(抜粋)