欧州債:スペイン債は続伸、ECBが緩和姿勢維持との期待で

8日の欧州債市場ではスペイン国債 が続伸した。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が金融緩和姿勢を維 持する方針を示したことを受け、高利回り債の需要が高まった。

アイルランド5年債利回りは2005年以来の水準に低下。同国が向こ う10年の資金調達ニーズの軽減につながる措置について、ECBと合意 したことが手掛かり。ドラギ総裁は7日の政策決定後の会見で、インフ レリスクが抑制されているので「緩和的な政策を維持することができ る」と述べた。イタリア国債は週間ベースで下げ、2週続落。今月下旬 に総選挙を控えた同国では、ベルルスコーニ前首相の支持率が上昇し、 首位に立つ民主党のベルサニ氏との差が縮まった。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の債券ストラテジスト、 ピーター・チャトウェル氏は「流動性が突然途絶えることはないとの安 心感をドラギ総裁が与えたことが全てを支えている」と発言。「周辺国 へのさらなるプラスはアイルランドの合意だ。これはECBが引き続き 周辺国を強く支援し、正しい行動を取っている国々を手助けする意向が あることを示している」と続けた。

ロンドン時間午後4時36分現在、スペイン10年債利回りは前日比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の5.36%。前日は3b p下げていた。同国債(表面利率5.4%、2023年1月償還)価格はこの 日、0.41上げ100.27。2年債利回りは8bp下げ2.73%となった。

アイルランドは「プロジェクト・レッド」と名付けた計画の下、旧 アングロ・アイリッシュ銀行(AIB)救済に利用した約束手形を最 長40年の長期債と交換する。これによって向こう10年間の同国の借り入 れニーズを200億ユーロ減らすことができるという。

アイルランド5年債は4日続伸し、利回りは10bp下げ2.81%。一 時は2005年10月以来の低水準となる2.79%を付けた。

イタリア10年債の利回りは前週末比23bp上昇し4.56%。ドイツ10 年債利回りは1.61%。前週末比では7bp下げた。

英国債相場は前日からほぼ変わらずで、10年債利回りは2.09%。4 日には2.17%と、昨年4月20日以来の高水準を付けていた。同国債(表 面利率1.75%、2022年9月償還)価格はこの日、97.04。

原題:Spanish Bonds Gain Second Day on Bets ECB to Stay Accommodative(抜粋) U.K. Pound Posts Biggest Weekly Advance Versus Euro Since 2011 (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE