米貿易赤字:12月は20.7%縮小の385億ドル、原油輸入減が寄与

昨年12月の米貿易赤字は前月から縮 小、赤字額は市場予想を下回った。石油の輸出が拡大した一方で、原油 輸入が大幅に落ち込んだことが影響した。

米商務省が発表した昨年12月の貿易収支統計によると、財とサービ スを合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月 比20.7%縮小し、385億ドルとなった。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト予想の中央値は460億ドルの赤字だった。昨年11月 の貿易赤字は486億ドルと、速報値の487億ドルの赤字から修正された。

12月の輸出は2.1%増の1864億ドル。輸入は2.7%減少して2249億ド ルだった。原油の輸入(数量ベース)は1997年2月以来の低水準だっ た。

ソシエテ・ジェネラルのシニア米国エコノミスト、ブライアン・ジ ョーンズ氏(ニューヨーク在勤)は、「輸出の増加は励みになる」と述 べ、「欧州の低迷は緩和しつつあるように見受けられるほか、アジアの 状況が改善していることを考えると、米国の輸出見通しはかなり良好 だ」と続けた。

2012年通年では輸出が4.4%増の2兆2000億ドル、輸入が2.7%増の 2兆7400億ドル。貿易赤字は5404億ドルと、前年の5599億ドルから縮小 した。

ください。

原題:Trade Deficit in U.S. Plunges on Record Petroleum Exports (3) (抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE