NY外為:円がほぼ2年ぶり大幅高、麻生財務相発言で

ニューヨーク外国為替市場では円が 対ドルでほぼ2年ぶりの大幅高。麻生太郎財務相が最近の円安のペース は速すぎるとの認識を示したことがきっかけとなった。

円は対ドルで続伸。麻生財務相は8日の衆院予算委員会で「為替が 妙にわれわれの意図しないぐらいに78円とか79円だったのが、いきな り90円になってきた」と述べた。ユーロは円とドルに対して下落。欧州 中央銀行(ECB)のドラギ総裁は前日、一段の利下げが引き続きあり 得ることを示唆した。それに対して、イングランド銀行(英中央銀行) は緩和プログラムを拡大しないとの見方から、英ポンドは対ユーロで3 日続伸した。

チャプデラインFXのマネジングディレクター兼外国為替責任者、 ダグ・ボースウィック氏は電話インタビューで、「日本政府は今ようや く世界が彼らについてどのように考えているのか思いを巡らし始めた」 と指摘。「彼らは90-95円くらいで満足なのであり、市場もそれを徐々 に理解するだろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時49分現在、円は対ドルで前日比1%高の 1ドル=92円68銭。一時1.6%高と、2011年3月17日以来の大幅上昇と なった。円は対ユーロで1.2%高の1ユーロ=123円95銭。ユーロは対ド ルで0.2%安の1ユーロ=1.3370ドル。

米商品先物取引委員会(CFTC)によると、対ドルでの円先物の 売越幅は6万8413枚と、前週から減少した。

「市場は小休止へ」

先進10カ国の通貨で構成するブルームバーグ相関加重通貨指数によ ると、円は過去6カ月に18%下落し、値下がり率トップとなっている。

最近の円安進行の動きに対しては韓国やロシアなど各国が警戒を表 明しており、来週開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総 裁会議で議論される可能性がある。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の為 替ストラテジスト、ブライアン・デンジャーフィールド氏は電話インタ ビューで、「日本政府が円安を望んでいることに市場参加者は強く同調 している」と指摘。「日本の姿勢が変化している兆しがあるなら、特に それが円安のペースに関するものであれば、市場は小休止することにな ろう」と述べた。

ドラギ総裁の見解

円は対ユーロで3日続伸。ドラギ総裁は前日、最近のユーロ相場上 昇による物価安定へのリスクに言及、一段の利下げがまだ可能性として 残っていることを示唆した。欧州債務危機が和らいでいるとの兆しを背 景にユーロは6日、対円で約2年半ぶりの高値をつけていた。

ポンドは週間で2年ぶりの大幅高となった。7月に就任するカーニ ー次期総裁は前日、英国経済が現状からの「脱出速度」を得るために現 行政策は十分なもようだとの認識を示した。ポンドはこの日は対ユーロ で0.8%高、対ドルでは0.5%上昇した。

原題:Yen Jumps Most in Almost 2 Years as Aso Says Drop Was Too Fast(抜粋)

--取材協力:Karen Yeung、Lucy Meakin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE