チューダーの株式トレーダー2人退社、人材流出続く-関係者

ポール・チューダー・ジョーンズ氏 率いるヘッジファンド運営会社チューダー・インベストメント(運用資 産116億ドル=約1兆900億円)の株式トレーダー、アレン・チュー氏と アシュウィン・ランガナサン氏が7年余り勤務した同社を去った。これ で昨年12月からの退職者は少なくとも9人となった。事情に詳しい複数 の関係者が明らかにした。

シンガポールのオフィスに勤務するチュー、ランガナサン両氏は先 月退職。同社が非公開企業であることを理由に関係者が匿名で語った。 同社が、アジアの株式トレーディングからマクロ戦略に軸足を一段とシ フトしていることが背景にある。

関係者の1人によると、チューダーは米英両国でさまざまな戦略分 野でトレーダーの採用を進めているが、両国でも退職者が相次いでい る。英国在勤のマクロトレーダー、メリー・デービス氏とクリスティア ナ・トゥテ氏は1月半ばに退社し、株式トレーダーのスーザン・アーノ ット氏も辞めたと関係者は説明した。さらに、同社が昨年スタートさせ た「チューダー・ディスクレショナリー・マクロ・ポートフォリオズ」 のポートフォリオマネジャー14人のうちの1人、マイケル・ジョルジオ 氏も先月退職したという。

チューダーの広報担当、ショーン・パティソン氏はコメントを控え ている。

原題:Tudor’s Chu, Ranganathan Said to Leave as Departures Mount (2)(抜粋)

--取材協力:Asjylyn Loder.