中国人観光客の英国への愛着、支出けん引-記念品など人気

中国人観光客が英国の観光業界で支 出の伸びをけん引しているとの見方を、観光サービス提供会社グローバ ル・ブルーがリポートで示した。中国人が英国の伝統や立憲君主制に対 して抱く愛着が高級百貨店ハロッズなどでの消費拡大につながっている としている。

リポートによると、中国人による英国の小売店での支出は昨年31% 増加し、欧州連合(EU)加盟国以外からの観光客の支出全体の約20% を占めた。増加率は中東諸国とナイジェリアの約2倍に達した。タイの 伸びが24%で2位だった。

イタリアのプラダなど高級ブランドの商品に加え、エリザベス女王 即位60周年を記念する磁器のグラス、3500ポンド(約51万5000円) の2012年ロンドン五輪記念金貨などが中国人観光客に人気が高い。商品 は税金還付と人民元の上昇により中国国内と比較して20-30%割安にな る場合もある。

グローバル・ブルーの広報担当者、マネリク・スフェズ氏による と、中国人観光客はブランド品を購入する際、団体で行動するのが一般 的だったが、今では個人で立ち寄る店を決め買い物を楽しんでいる。

原題:Chinese Lead Growth in U.K. Tourist Spending on British Passion(抜粋)