トヨタ、「タンドラ」を改良-高級モデルの販売拡大目指す

トヨタ自動車は北米専用のフルサイ ズピック・アップトラック「タンドラ」の仕様およびマーケティング戦 略を見直した。これまでに設定したタンドラの販売目標を達成できてい ないことを踏まえ、高級モデルの販売拡大を目指している。

トヨタは7日、シカゴ自動車ショーで、外装・内装を改良し、キャ ビンの音や乗り心地を改善したタンドラの2014年モデルを9月に発売す ると発表した。トヨタ米子会社の広報担当グレッグ・ソーム氏による と、新たに「1794エディション」を投入、タンドラで2種類の高級モデ ルを用意する。最上級モデルは、オプション付きで価格4万8000ドル (約450万円)超の「プラチナム」もモデルチェンジした。

米国トヨタ自動車販売のボブ・カーター副社長は自動車ショーでイ ンタビューに応じ、トヨタは4万ドルを超えるフルサイズのトラック需 要の「著しい伸び」に対応していくと指摘した。

トヨタは過去にタンドラの年間販売目標を20万台強に設定した経緯 がある。タンドラの昨年の販売台数は10万1621台。ピークは07年の19 万6555台だった。ソーム氏はこの日、販売目標や新型モデルの価格につ いては明らかにしなかった。

調査会社IHSオートモーティブとLMCオートモーティブによる と、今年の米国フルサイズ・ヒップアップトラック販売は170万台とな り、09年の110万台から50%以上増加する見通し。

原題:Toyota Revamps Tundra to Lift Share of High-End Pickup Sales (2)(抜粋)

--取材協力:Tim Higgins.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE