米アップルの株価上昇-追加の現金還元策協議との発表受け

米アップルは7日、同社取締役会と 経営陣が株主への追加的な現金還元策について活発に協議しており、優 先株を発行する提案も検討していることを明らかにした。

これを受けアップルの株価は上昇。この日の発表に先立ち、グリー ンライト・キャピタルのデービッド・アインホーン氏はアップルに対 し、手持ち資金1371億ドル(約12兆8000億円)をさらに株主に還元する よう求めていた。同氏はまた、優先株を撤廃するとのアップルの提案に 反対票を投じるよう他の株主に呼び掛けた。

今回の発表は、年1回の株主総会の委任状で優先株を発行する計画 はないと表明していた従来の姿勢をアップルが軟化させていることを示 す。アップルはまた、3年間で株主に450億ドルを還元することを既に 確約していると表明した。

アップル株37万株を保有するビクトリー・キャピタル・マネジメン トのエリック・マロナク最高投資責任者(CIO)は「アップルは手持 ち資金の一部を還元する必要がある」と指摘した。

アップルは声明文で、「われわれは資金還元や株主価値の引き上げ に関する見解を得るため、株主と継続中の対話を続ける立場を崩してい ない」と説明した。

7日の米株式市場で、アップルの通常取引終値は2.4%高の468.22 ドル。上場来高値を付けた昨年9月19日から33%下げている。

グリーンライトはアップルの優先株撤廃案を阻止するため、マンハ ッタンの連邦地裁に提訴した。

原題:Apple Board in Talks With Management on Returning More Cash (2) Apple Jumps After Saying in Discussions to Return More Cash (1)(抜粋)

--取材協力:Karl Baker、Bob Van Voris、Leslie Picker、Tom Giles、Reed Stevenson.