米卸売在庫:12月は6カ月ぶりマイナス、自動車が大幅減

昨年12月の米卸売在庫は前月比で減 少し、6カ月ぶりのマイナスとなった。

米商務省が8日発表した12月の卸売在庫は前月比0.1%減少した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は0.4%増だった。前月は0.4%増(速報値0.6%増)に下方修正され た。

12月の卸売売上高は前月比ほぼ変わらず。前月は2.2%増加してい た。

ジャニー・モンゴメリー・スコット(フィラデルフィア)のチーフ 債券ストラテジスト、ガイ・リーバス氏は「在庫と売上高がともに増加 するのが望ましい」と指摘。今年初めは「在庫がやや増えると予想され る」と述べた。

項目別に見ると、耐久財の在庫は0.2%増(前月0.4%増)。電気機 器やハードウエアは増加した一方、自動車が3.8%減と2009年3月以来 の大幅な落ち込みとなった。自動車はこれで2カ月連続マイナス。家具 は2.5%減と09年7月以来の大幅なマイナス。

非耐久財の在庫は0.6%減。医薬品や農産物が減った。

売上高在庫比率は1.19カ月と、2カ月連続で同水準。

覧ください。

原題:Wholesale Inventories in U.S. Unexpectedly Fell in December (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE