米社債保証コスト、小幅上昇-クレジットデリバティブ取引

7日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが小幅上昇。欧州 中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、ユーロ高が景気回復に向けた取り 組みの妨げになるとの懸念を表明した。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時26分(日本時間8日午前6時26分)現在、0.2ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の89.9bp。

ECBは7日、政策金利を据え置き、ドラギ総裁はフランクフルト での記者会見で、ユーロ相場の上昇を抑える一段の措置を検討する可能 性があると述べた。通貨高が輸出に打撃を与え、インフレ率を過度に押 し下げることで景気回復が困難になりかねない。世界的な景気鈍化に伴 い、企業の債務返済能力が損なわれるとの懸念が強まる恐れがある。

INGインベストメント・マネジメントの投資適格級債券ファンド 担当マネーマネジャー、ドリアン・ギャレー氏(ニューヨーク在勤)は 電子メールのメッセージで、「ドラギ総裁の発言は欧州の景気回復のリ スクを認めたものだ」と指摘した。

原題:U.S. Corporate Credit Swaps Hold; AT&T Sells $2.5 Billion Bonds(抜粋)