米KKR:昨年10-12月は49%増益-保有資産価値の上昇で

米プライベートエクイティ(PE、 未公開株式)投資会社、KKRの昨年10-12月(第4四半期)決算は、 保有資産価値の上昇で49%の増益となった。保有資産価値の上昇が寄与 した。

KKRの7日の発表によると、一部コストを除いた税引き後の経済 的純利益は3億3700万ドル(約315億3000万円、1株当たり48セント) と、前年同期の2億2550万ドル(同33セント)から増加した。ディール 減少のため、手数料関連の利益は減少した。

KKRは同業のブラックストーン・グループと同様、従来のレバレ ッジド・バイアウト(LBO、買収先の資産などを担保にした借り入れ による買収)以外に、株式や債券の引き受け、ファンド・オブ・ヘッジ ファンドの運用、インフラや不動産の投資などにも業容を拡大してい る。世界の株価が昨年13%上昇したことが両社の保有資産の価値を押し 上げ、運用手数料の収入も増えた。

原題:KKR Fourth-Quarter Profit Rises 49% as Holdings Gain Value (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE