NY金:反落、代替需要が減退-ECB総裁発言でドルが上昇

ニューヨーク金先物相場は反落。ド ルが上昇したことから、代替投資としての金買いが鈍った。

ドルは主要通貨のバスケットに対して4週間ぶりの高値となった。 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はユーロ相場上昇による物価安定 へのリスクに言及し、景気回復を後押ししようとするECBの取り組み の妨げとなることを当局者らが懸念している状況を示唆した。

シティグループの商品先物スペシャリスト、スターリング・スミス 氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「市場はドラギ総裁の発言に 反応しており、ドルが買い進まれている」と指摘。「インフレ懸念が無 くなれば、金の魅力もなくなる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.4%安の1オンス=1671.30ドルで終了。中心限月として は先月31日以来の大幅下落となった。

原題:Gold, Silver Futures Decline Most in a Week as Dollar Advances(抜粋)

--取材協力:Matthew Brockett.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE