2月7日の欧州マーケットサマリー:ドイツ債上昇、ECB総裁発言で

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3397   1.3523
ドル/円             93.46    93.64
ユーロ/円          125.21   126.63


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  283.88     -.64      -.2%
英FT100     6,228.42   -66.92    -1.1%
独DAX      7,590.85    +9.67     +.1%
仏CAC40    3,601.05   -41.85    -1.1%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .18%        -.04
独国債10年物     1.60%       -.03
英国債10年物     2.10%       +.01


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,668.00    -6.25     -.37%
原油 北海ブレント        117.03      +.30     +.26%

◎欧州株:ほぼ変わらず-ECB総裁会見と仏スペイン入札に注目

7日の欧州株式相場はほぼ変わらず。欧州中央銀行(ECB)のド ラギ総裁は政策は引き続き緩和的だと強調し、低金利が年内に始まる成 長を推進するだろうと語った。フランスとスペインの国債入札も注目さ れた。

英携帯電話サービスのボーダフォン・グループを中心に通信株が買 われた。ボーダフォンは今年度3月期の業績見通しを据え置いた。イタ リアの銀行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナは3日続伸。増配を 発表したノルウェーの銀行、DNBは2011年6月以来の高値を付けた。 一方、仏製薬会社サノフィは昨年11月以来の安値となった。減益見通し が嫌気された。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%安の283.88で終了。一時 は0.6%上昇した。年初来では1.5%上げている。

ミラボー・セキュリティーズ(ジュネーブ)のバイスプレジデン ト、ジョン・プラサード氏は「欧州で最近、再び緊張が高まったことか ら、ドラギ総裁はマクロ経済についての懸念だけでなく、モンテ・パス キ問題についての質問に答えることで自身に対する懸念を静める必要が あった」と発言。「総裁はうまくやってのけた。景気を支援するために 緩和政策を継続すると示唆した。今週に入ってから市場ではこうしたプ ラス要因が切望されていた」と付け加えた。

フランスは計79億8000万ユーロ相当の国債を発行、スペインは国債 入札で目標上限を上回る資金を調達した。落札利回りはいずれも前回入 札時から上昇した。

この日の西欧市場では18カ国中12カ国で主要株価指数が下落。仏 CAC40指数は1.2%下げ、年初来の上げを消した。

原題:European Stocks Little Changed After Debt Sales, Draghi Comments(抜粋)

◎欧州債:ドイツ中心に上昇、ECB総裁の緩和維持発言で-英債軟調

7日の欧州債市場ではドイツを中心にユーロ圏諸国の国債が買われ た。域内のインフレリスクが抑制されているため「緩和的な政策を維持 することができる」とのドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言が手 掛かり。

ドイツ国債の2年物と5年物利回りは2週間ぶり低水準を付けた。 ドラギ総裁は景気見通しへのリスクは引き続き「下向き」と指摘。 ECBはこの日、政策金利を過去最低の0.75%に据え置いた。ブルーム バーグ・ニュースの調査で予想された通りだった。入札で46億1000万ユ ーロ相当の債券を同日発行したスペインの国債は上昇。イタリア10年債 利回りは8週間ぶり高水準から低下した。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、マイケル・ライスター氏(ロ ンドン在勤)は「ドラギ総裁は用意したコメントの中で、ECBが流動 性の状況を注視するとし、緩和的な政策姿勢は引き続き適切だと強調し た」と述べ、「これは市場が期待していた口先介入で、ドイツ国債にと ってプラスだ」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時38分現在、ドイツ5年債利回りは前日比6ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.63%。一時は0.61% と、先月25日以来の低水準となった。同国債(表面利率0.5%、2018年 2月償還)価格は0.295上げ99.405。

ドイツ2年債利回りは4bp下げ0.18%。先月24日以来の低水準と なる0.16%まで下げる場面もあった。10年債利回りは3bp低下 し1.60%、30年債利回りは1bp下げて2.37%。

スペイン10年債利回りは3bp下げ5.41%。同年限のイタリア債利 回りは前日からほぼ変わらずの4.57%。一時は4.62%と、昨年12月14日 以来の高水準に達した。

英国債

英国債相場は下落。イングランド銀行(英中央銀行)次期総裁のマ ーク・カーニー氏が、現行の英金融政策は景気支援に十分である公算だ と発言し、就任後に同氏が緩和措置を拡大させるとの観測が後退した。

10年債利回りは前日比1bp上昇の2.11%。4日には昨年4月20日 以来の高水準となる2.17%まで上げた。同国債(表面利率1.75%、2022 年9月償還)価格はこの日、0.1下げ96.92。

原題:German Bonds Rise as Draghi Says Policy Can Remain Accommodative(抜粋) Pound Rises as Carney Damps Bets on Greater Stimulus; Gilts Drop (抜粋)