アップルはもっと株主に利益還元を-グリーンライト

テクノロジー企業で時価総額世界首 位の米アップルは、デービッド・アインホーン氏率いる米ヘッジファン ド運用会社グリーンライト・キャピタルから手持ち資金をさらに株主に 還元するよう求められている。

アップルの株主であるグリーンライトは、アップルが年次報告で示 した優先株の撤廃につながる提案に反対票を投じるよう他の株主に呼び 掛けた。

アインホーン氏はアップルの手持ち資金1371億ドル(約12兆8000億 円)は1株当たり約145ドルに相当するとし、同社があまりにも大量の 現金を保有しているとする自身の意見に他の株主も同意していると説明 した。

同氏は発表文で「アップルは拡大しつつあるバランスシートの価値 を解き放ち、すべての株主に還元するあらゆる選択肢を検討する必要が ある」と指摘した。

アップルの経営幹部は先月の決算発表時の電話会議で、自社株買い の拡大と増配を検討していると明らかにした。同社は昨年、配当を再開 し、3年かけて100億ドル相当の株式を買い戻すと発表した。

アインホーン氏はアップルの幹部と協議中だとし、利回りの高い優 先株を分配するよう勧めていると述べた。そのうえで、優先株は海外で の収益に対する税負担リスクを抱えることなく、株主に還元できる一手 段であるとしている。

原題:Apple Urged by Einhorn to Return More Cash to Shareholders (1)(抜粋)