スタインFRB理事:金融政策も活用を、市場安定化に向け

米連邦準備制度理事会(FRB)の スタイン理事は、金融安定にリスクとなりかねない過熱した市場に対処 する上で、金融当局は規制監督だけではなく、金利などの金融政策手段 の活用にも柔軟であるべきだとの考えを示した。

スタイン理事は7日、セントルイスで講演。講演原稿によると、 「金融安定を追求する上で、金融政策手段の助けを得ることが妥当な状 況は想定できる」と発言。こうした手段の活用に関して「柔軟な姿勢を 保つことが不可欠だと確信する」と述べた。

同理事は、システミックな問題への対応においては規制が場合によ って有効となる可能性はあるものの、金融政策を排除することはできな いと指摘。

「雇用促進において金融政策が正しい手段とは言えないかもしれな いが、監督や規制に比べて一つの重要な利点がある。つまりすべてのひ び割れに入り込めることだ」とし、「金利の変更は監督や規制が入り込 めない市場の隅々に到達できる可能性がある」と続けた。

原題:Stein Says Fed Should Consider Using Rates to Further Stability(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE