日本はレーダー照射事件利用,戦争警報鳴らす-中国の環球時報

中国共産党系の新聞、環球時報は7 日の論説で、日本の海上自衛隊の護衛艦とヘリコプターに中国海軍の艦 船が射撃管制用レーダーを照射した事件を日本が利用し、日中両国の国 民に戦争への準備をさせていると主張した。

同紙は「日本が中国と日本の国民に、戦いの警報を鳴らしていると われわれは考えている」とし、この事件に対する日本の見方は一方的で あり、「海軍の問題を理解しない普通の人々は両国が戦争に非常に近づ いていると信じるだろう」と指摘した。

環球時報は、共産党機関紙、人民日報の傘下にある中国語のタブロ イド紙。党宣伝部が環球時報を監督しているものの、中国外務省の洪磊 報道官ら当局者は同紙の報道は必ずしも政府の立場を反映していないと 説明している。

ワシントンでは6日、パネッタ米国防長官が日中の状況は「最終的 に抑えがきかなくなる可能性がある」と指摘、「われわれは日中双方に 正しい判断を下し、互いに協力し問題を平和的に解決するよう努めるこ とをもちろん促した」と語った。

原題:Japan Radar Target Protest Is War Signal, Global Times Says (2)(抜粋)

--取材協力:Michael Forsythe、Isabel Reynolds、Zheng Lifei.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE