香港株(終了):下落-規制強化観測で不動産株が安い

香港株式相場は下落。不動産規制が 強化されるとの観測から中国の不動産開発株が下げたほか、ハンセン指 数の銘柄入れ替えで除外される中国アルミも売られた。

中国政府系のチャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK) は3.2%安。一部の都市が新規住宅販売の承認ペースを遅らせる可能性 があるの報道が嫌気された。食品メーカーの中国食品(506 HK)も安 い。

ハンセン指数の銘柄入れ替えで中国最大のアルミメーカー、中国ア ルミ(チャルコ、2600 HK)が2.8%下げる一方、採用されるパソコンメ ーカー世界2位のレノボ・グループ(聯想集団、992 HK)は5.2%上昇 した。

情報技術(IT)製品販売のデジタル・チャイナ(神州数碼、861 HK)は9.7%高。HSBCホールディングスを含む金融機関が推奨した ことが買い材料となった。

ハンセン指数は前日比79.93ポイント(0.3%)安の23177.00で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は1.4%安の11681.96で引けた。

敦沛証券(香港)のバイスプレジデント、ジャクソン・ウォン氏は 「中国の新指導部が住宅価格抑制に向けて何らかの追加措置を講じるの かどうかを投資家は見極めたい」と説明。H株指数の下げについては、 「ここ最近の上昇で依然として高値水準にあるため、投資家は春節(旧 正月)を前に利益確保を望んでいる」と語った。

来週は春節の連休で香港市場は11-13日が休場、中国本土市場は11 -15日が休場となる。

原題:Hong Kong Stocks Fall as China Developers Retreat; Chalco Drops(抜粋)

--取材協力:Vinicy Chan.