ダイムラー:今年の利益、12年と変わらずと予想-昨年は減益

世界3位の高級車メーカー、ドイツ のダイムラーは7日、2013年の利益が前年と変わらないとの見通しを示 した。12年は減益となった。

同社が発表した資料によれば、12年の利払い・税引き前利益 (EBIT)は継続事業ベースで前年比10%減の81億ユーロ(約1 兆300億円)となった。13年のEBITは12年と同水準になると見込ん でいる。

ディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)は資料で、12年 は「利益と収益性の目標に届かなかった」と説明、収益性をさらに高め る将来の成長を確実にするために全部門で対応を進めているとコメント した。

昨年10-12月(第4四半期)EBITは前年同期比6.7%増の23 億2000万ユーロ。エアバスの親会社であるEADSの株式を売却したこ とで利益は7億900万ユーロ押し上げられたが、ブルームバーグがまと めたアナリスト8人の予想平均(23億5000万ユーロ)は下回った。

ダイムラーは今後2年の売上高について、「メルセデス・ベンツ」 ブランドの販売台数増で増収を見込んでいる。昨年の売上高は前年 比7.3%増の1143億ユーロだった。

原題:Daimler Predicts Unchanged 2013 Profit After Earnings Slump (2)(抜粋)

--取材協力:Christoph Rauwald.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE