モディリアニが恋人描いた肖像画、39.4億円で落札-ロンドン

クリスティーズ・インターナショナ ルがロンドンで開いたオークションで、イタリアの画家アメデオ・モデ ィリアニが恋人を描いた肖像画がピカソやルノワールの作品を上回る価 格で落札された。これは印象派や近代絵画、シュールレアリスムの高額 作品への需要拡大を示している。

モディリアニが恋人を描いた1919年の作品「(帽子をかぶった)ジ ャンヌ・エビュテルヌ」は、6日夜のオークションに出品された74点の うち最高値の2690万ポンド(約39億4000万円)で落札された。このオー クションの落札総額は2億1400万ドル(約200億円)に上った。

ニューヨークを拠点とするディーラー、クリストフ・バン・デ・ウ ェグ氏は「株価は上昇している。人々は自信を強め芸術作品への投資を 増やしたいと考えている。巨匠の作品なら安心感がある」と指摘する。

80年代と90年代に競売会社の最大の収益源となっていた印象派と近 代美術分野で、著名芸術家の作品の市場への供給が増えているため、回 復しつつある。ディーラーらによると、これらの作品は現代美術への人 気の移行を背景に、これまで売り手側がオークションへの出品を手控え ていた。

原題:Modigliani’s Doomed Lover Portrait Tops $214 Million Auction(抜粋)