ECB、銀行救済負担軽減でアイルランド新案を検討へ-関係者

欧州中央銀行(ECB)当局者はア イルランドの銀行救済コストを軽減するためにどのような妥協措置を同 国に認めるかについて、6日にも検討するもようだ。事情に詳しい関係 者2人が明らかにした。

アイルランドは2週間前、旧アングロ・アイリッシュ銀行( AIB)救済の負担を減らすための当初案を拒否されており、同国のホ ノハン中央銀行総裁が他のECB当局者と協議するのはそれ以来とな る。7日のECB定例政策委員会に先立つ非公式の夕食会で、ホノハン 総裁は新しい案を提示する公算が大きい。この件が非公開であることを 理由に同関係者らが匿名で語った。

新たな提案にも、政府が2010年に発行した約束手形を長期債に借り 換えることが含まれるもようだが、アイルランド中銀がこの債券を15年 以上保有することを保証するとした部分についてはホノハン総裁は取り 下げるという。関係者の1人によると、7日にも決定する可能性があ る。

アイルランド財務省のボルガー報道官と同国中銀のフォークナー報 道官はともにコメントを控えた。フランクフルト在勤のECB報道官 は、この問題に関する協議は継続中で、いかなる結論も時期尚早だと述 べた。

原題:ECB Said to Be Ready for New Honohan Pitch on Anglo Irish (1)(抜粋)