クレディ・スイス:10-12月期黒字ー経費削減目標を引き上げ

更新日時

スイスの銀行、クレディ・スイス・ グループの2012年10-12月(第4四半期)決算は黒字となったが、利益 はアナリスト予想を下回った。同行は経費削減の目標を引き上げた。

7日の同行発表によると、純損益は3億9700万スイス・フラン (約410億円)の黒字となった。前年同期は6億3700万フランの赤字だ った。ブルームバーグがまとめたアナリスト11人の予想は6億4760万フ ランの黒字。

同行は15年末までに達成する経費削減の目標を4億フラン引き上げ た。11年以降に発表済みの40億フランに追加した。ブレイディ・ドゥー ガン最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンとのイン タビューで、既に取った措置によって同行は市場環境にかかわらず「繁 栄」できる位置にあると語った。発表資料では、12年は「移行の年だっ た」とし、「新しい規制環境や顧客の需要の変化、現在の市場環境に事 業と組織を適応させるため多大な措置を実施した」と説明した。

同行は12年の配当として現金0.1フランと株式0.65フラン相当を支 払うことを提案した。前年は0.75フラン相当を現金か株式のいずれかで 受け取る選択を株主に委ねていた。

スイスの基準で10%という自己資本比率の目標を達成した後は「実 質的な資本の分配」をする方針をドゥーガンCEOは示した。12年末 は9.4%だった。今年半ばに10%の目標達成を見込んでいる。

クレディ・スイスは昨年11月に、スイスの同業UBSと異なり投資 銀行部門の事業を全て継続する方針をあらためて表明した。UBSは債 券トレーディングを縮小し、資産運用に集中する方針。クレディ・スイ スのは、投資銀行部門の利益寄与度が回復すると予想している。

この日の発表によると、投資銀行部門の税引き前利益は2億9800万 フランと前年同期の14億3000万フランの赤字から回復。

ウェルスマネジメント事業の資金は29億フランの純流入。アナリス トは50億フランを予想していた。

モルガン・スタンレーのアナリスト、ヒュー・ファンステーニス 氏、ヒューバート・ラム両氏は決算発表前のリポートで、「クレディ・ スイスは積極的なコスト削減に支えられ、投資銀行とプライベートバン クの両方で収益力を高める多数の方法がある」と分析していた。

原題:Credit Suisse Posts Quarterly Profit, Raises Cost-Cutting Goal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE