米消費者信用残高:12月は146億ドル増加、市場予想上回る

昨年12月の米消費者信用残高は5カ 月連続で前月比で増加した。特に学資ローンや自動車ローンを含む非回 転信用残高は11年ぶりの大幅な増加となった。

米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した昨年12月の消費者信用 残高は、前月比で146億ドル増加した。増加幅はブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト予想の中央値(140億ドル)を上回った。 前月は159億ドルの増加だった。

12月の非回転信用は182億ドル増と、2001年11月以来で最大。この 時は同年9月11日の米同時多発テロ後に自動車メーカーがゼロ金利ロー ンを提供し、自動車を購入する消費者が増えた背景がある。昨年11月の 非回転信用残高は153億ドルの増加だった。

クレジットカードなどの回転信用残高は36億ドル減少。昨年7月以 来で最大の縮小幅だった。前月は5億7380万ドルの増加だった。

い。

原題:Consumer Credit in U.S. Rises on Surge in Non-Revolving Debt (1)(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche.