2月6日の米国マーケットサマリー:ユーロ下落、ECB会合に注目

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3521   1.3583
ドル/円             93.52    93.63
ユーロ/円          126.45   127.18


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       13,986.52      +7.22     +.1%
S&P500種           1,512.12      +.83      +.1%
ナスダック総合指数    3,168.48      -3.10     -.1%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .25%        .00
米国債10年物     1.96%       -.04
米国債30年物     3.17%       -.04


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,678.80    +5.30     +.32%
原油先物         (ドル/バレル)   96.82      +.18     +.19%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで1週間ぶり安値付 近に下落。欧州では政局や金融機関の混乱でソブリン債危機が再燃する リスクが高まる中、7日に欧州中央銀行(ECB)の政策決定会合が予 定されている。

ユーロは主要16通貨の大半に対して値下がり。スペインではラホイ 首相が野党からの辞任要求に抵抗し、イタリアでは銀行のモンテ・デ イ・パスキ・ディ・シエナがデリバティブ(金融派生商品)を利用して 隠した損失をめぐり刑事捜査を受ける可能性がある。このほかギリシャ の財務相がユーロ高に懸念を示したことも材料視され、ユーロは売られ た。円は対ドルで一時、32カ月ぶり安値に下落。日本銀行の新総裁に金 融緩和に積極的な人材が起用されるとの観測が背景にある。

ソシエテ・ジェネラルのシニア為替ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏(ニューヨーク在勤)は「ECBの会合で何かが起きる リスクは非常に大きい。会合前にユーロ売りが出るのはそのためだ」と 指摘。

ニューヨーク時間午後1時57分現在、ユーロはドルに対し前日 比0.5%安の1ユーロ=1.3517ドル。前日は1.3459ドルと、1月29日以 来の安値に下落した。対円ではこの日0.8%下げて126円16銭。一時 は127円71銭と、2010年4月以来の高値を付ける場面もあった。円は対 ドルで0.3%上昇し1ドル=93円34銭。アジアの時間帯には一時94円06 銭と、10年5月以来の円安・ドル高となった。

◎米国株式市場

6日の米国株は小じっかり。予想よりも良好だった企業決算が好感 され、終盤にプラス圏に浮上した。欧州債務危機への懸念が再燃し、上 値は重い

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値ではS&P500種株価指数 は0.1%上昇して1512.12。ダウ工業株30種平均は7.22ドル(0.1%未 満)上昇して13986.52ドル。

S&P500種は年初から6%上昇、2007年10月に達した過去最高値 を3.4%下回っている。S&P500種は09年3月に記録した安値からは2 倍超の水準に上昇。金融当局による3度の量的緩和が影響した。

ブルームバーグのデータによると、すでに四半期決算を発表した S&P500種採用企業303社のうち約74%で利益が予想を上回り、66%の 企業で売上高が予想を上回った。

欧州中央銀行(ECB)は7日、フランクフルトで金融政策決定会 合を開く。またブリュッセルでは欧州連合(EU)首脳会議が始まる。

◎米国債市場

米国債市場では10年債利回りが昨年4月以来の高水準近辺で推移し た。財務省は来週実施する国債入札の規模を720億ドルと発表した。

財務省は変動利付債の入札を「来年内」に計画していることも明ら かにした。さらに、債務上限問題の長期的解決を図るよう議会に求め た。10年債利回りは6営業日連続で2%を挟んだ展開となった。ブルー ムバーグがエコノミスト44人を対象にまとめた調査によれば、米金融当 局による債券購入は2014年第1四半期に終了し、購入総額は1兆1400億 ドルに達すると予想(中間値)されている。

グッゲンハイム・パートナーズ(ニューヨーク)の米政府債トレー ディング担当ディレクター、ジェーソン・ローガン氏は「現在、2%と いう水準は重要な分岐点だ」と指摘。「歳出削減問題とワシントンの政 治情勢をめぐり懸念がある。また金融当局は今月、毎日のように債券を 購入しており、引き続き米国債の支援材料となっている」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後2時31分現在、10年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の1.96%。同年債(表面利率1.625%、2022年11 月償還)価格は9/32上昇して97ちょうど。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は反発。中国での需要増加が示されたこと が手掛かり。

中国本土の香港からの金輸入は昨年94%増加し、過去最高となっ た。2012年の輸入量(コイン、スクラップを含む)は83万4502キログラ ム(834.5トン)と、11年の約43万1215キロを上回った。ブルームバー グが香港特別行政区政府統計処のデータを基に計算した。中国人民銀行 (中央銀行)はこの日、同国の成長モメンタムは「相対的に力強い」と の認識を示した。

UBSはリポートで、輸入の統計に加え、上海金取引所での「根強 い」売買高や過去数週間のプレミアムの高さは中国での「需要拡大」を 示唆していると指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.3%高の1オンス=1678.80ドルで終了した。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場はほぼ変わらずで終了。米エネルギー省 の統計でオクラホマ州クッシングでの在庫減少が示されたことから、朝 方の下げを埋める展開となった。

クッシングでの先週の在庫は31万5000バレル減少の5140万バレル と、1カ月ぶりの低水準となった。全国の在庫は262万バレル増加して 3億7170万バレル。シーウェイパイプラインの輸送制限でクッシングの 在庫が積み上がるとの懸念を背景に、北海ブレントとの価格差はこの 日、一時年初来の最大に拡大していた。

エネルギー調達の助言を手掛けるNUSコンサルティング・グルー プのリチャード・スールタニアン共同プレジデントは「クッシングの輸 送障害を回避しようと、多くの買い手は鉄道を利用しているようだ」と 指摘。「クッシングを回避できるなら、誰もがそうするだろう」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日比 2セント(0.02%)安の1バレル=96.62ドルで終了。一時は2週間ぶ り安値の95.04ドルをつけた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE