中国中銀:インフレを警戒-日米金融緩和が商品相場押し上げも

中国人民銀行(中央銀行)はインフ レリスクに懸念を示し、日米を含む諸外国の金融緩和が商品相場を押し 上げ、世界の資本フローをより不安定にする恐れがあると分析した。

人民銀は6日発表した四半期ごとの金融政策執行報告で、インフレ 期待の変化や輸入インフレを警戒する必要があると指摘。労働集約型の 製品・サービスや農産物の価格は、労働力供給の伸び鈍化に伴い持続的 に上昇する公算が大きいと説明した。

報告書は「景気回復と需要拡大が比較的速いペースで消費者物価指 数(CPI)に波及する可能性がある」と指摘した。

中国の経済成長の勢いについては「比較的力強い」と指摘。「マク ロ経済政策が奏功し、国内経済は引き続き安定し、比較的高い成長を保 つ見込みだ」とした。またインフレを押し上げ得る要因が見られること から、「穏健(慎重)」な金融政策を維持する方針をあらためて示し た。

原題:China Central Bank Flags Inflation Concern on Growth Rebound (1)(抜粋)

--取材協力:Xin Zhou.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE