NY原油:ほぼ変わらず、クッシングの在庫減で下げ埋める

ニューヨーク原油先物相場はほぼ変 わらずで終了。米エネルギー省の統計でオクラホマ州クッシングでの在 庫減少が示されたことから、朝方の下げを埋める展開となった。

クッシングでの先週の在庫は31万5000バレル減少の5140万バレル と、1カ月ぶりの低水準となった。全国の在庫は262万バレル増加して 3億7170万バレル。シーウェイパイプラインの輸送制限でクッシングの 在庫が積み上がるとの懸念を背景に、北海ブレントとの価格差はこの 日、一時年初来の最大に拡大していた。

エネルギー調達の助言を手掛けるNUSコンサルティング・グルー プのリチャード・スールタニアン共同プレジデントは「クッシングの輸 送障害を回避しようと、多くの買い手は鉄道を利用しているようだ」と 指摘。「クッシングを回避できるなら、誰もがそうするだろう」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日比 2セント(0.02%)安の1バレル=96.62ドルで終了。一時は2週間ぶ り安値の95.04ドルをつけた。

原題:Oil Is Steady After Supplies at U.S. Hub Drop to One-Month Low(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Jim Polson、Rebecca Penty.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE