ギリシャ財務相:ユーロ高への懸念表明-インタビュー

ギリシャのストゥルナラス財務相は ユーロの現在の水準は信頼の回復を示すものではあるが、ユーロ高を懸 念していることを明らかにした。

ストゥルナラス財務相は6日、アテネで行われたブルームバーグテ レビジョンとのインタビューで、「私はユーロ相場が高い水準にあるこ とを懸念している」と語った。同相はその上で、「別の見方をすれば、 ギリシャのユーロ圏離脱やユーロ圏崩壊が取り沙汰されてきたにもかか わらず、ユーロに信頼が戻っていることが表われている」と指摘した。

フランスのオランド大統領は5日、各国指導者にユーロ相場のかじ 取りを呼び掛けた。ユーロは今月、対ドルで1年2カ月ぶりの高値に上 昇。対円では約3年ぶりの高値を付けており、輸出業者の海外販売に一 段と厳しい環境となっている。

ストゥルナラス財務相は、ギリシャの輸出の大部分がユーロ諸国向 けであるため、同国にとってユーロ高は問題にはならないと述べる一 方、「とはいえ、全体的に見るとユーロの水準に問題がある」とした。

一方、ルクセンブルクのフリーデン財務相は5日、ユーロ相場の水 準は今のところ懸念していないと述べ、ユーロの強さは域内の経済の現 状に沿ったものだとの認識を示した。両財務相は2月11日にブリュッセ ルで開かれるユーロ圏財務相会合に出席する予定。

原題:Greek Minister Stournaras Says Euro’s High Level Is a Concern(抜粋)

--取材協力:Marcus Bensasson、Natalie Weeks.