香港株(終了):ハンセン指数、5日ぶり反発-中国政策期待

香港株式相場は上昇。中国政府が最 低賃金の引き上げ計画を承認し、貧富の格差是正に動く中、ハンセン指 数は5営業日ぶりに値を上げた。カジノ関連銘柄は当局が取り締まりを 強化する可能性があるとの報道を嫌気して売られた。

宝飾品販売の周生生集団国際(116 HK)は3%高。ビールメーカー のキングウェイ・ブルワリー・ホールディングス(124 HK)は7%上昇 した。英SABミラーの中国合弁会社がキングウェイの製造・販売事業 を買い取ることで合意したことが買い材料。

比亜迪(BYD、1211 HK)など中国の自動車株も値上がり。同国 の1月の乗用車販売が増加したとの報道が好感された。

マカオでカジノを運営するサンズ・チャイナ(1928 HK)は5.2%下 落し、関連銘柄の下げを主導。情報技術 (IT) 製品を販売する神州數 碼(デジタル・チャイナ・ホールディングス、861 HK)は13%下げた 後、取引が停止された。

ハンセン指数は前日比108.40ポイント(0.5%)高の23256.93で終 了。前日は昨年11月8日以来の大幅安となっていた。ハンセン中国企業 株(H株)指数は0.3%高の11849.25で引けた。

JPモルガン・アセット・マネジメントのアジア担当チーフマーケ ットストラテジスト、タイ・フイ氏(香港在勤)はブルームバーグテレ ビジョンとのインタビューで、「世界のマクロ経済環境は一段と安定 し、アジアの成長環境は上向き始めている。相対的に魅力的なバリュエ ーション(株価評価)と合わせ、今年の株式は良好なパフォーマンスに なるとの確信を与えてくれている」と語った。

来週は春節(旧正月)の連休で香港市場は11-13日が休場、中国本 土市場は11-15日が休場となる。

原題:Hong Kong Stocks Advance on China Policy; Casinos Shares Tumble(抜粋)

--取材協力:Adam Haigh、Eleni Himaras.