中国株(終了):上海総合指数、8日続伸-ハイテク株が高い

中国株式相場は上昇。上海総合指数 は8営業日続伸し、この約1年で最も長い上昇局面となった。エネルギ ー関連株は下げたものの、ハイテク株や金融株が買われ相場を支えた。

ソフトウエア会社の東軟集団(600718 CH)は9カ月ぶりの高値に 上昇。子会社がロイヤル・フィリップス・エレクトロニクスから合弁会 社の株式を取得する計画が好感された。

石炭メーカーの中国中煤能源(601898 CH)は1.9%安、大同煤業 (601001 CH)は1.3%値下がりした。万科企業(000002 CH)と保利房 地産集団(600048 CH)は不動産株で構成する指数の下げを主導。中国 当局が所得分配改革の一環として不動産税の試験導入を拡大する方針を あらためて表明したことが響いた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比1.35ポイント(0.1%)高の2434.48と、昨年5月 8日以来の高値で終了。8日続伸は昨年2月28日までの上昇局面以来最 も長い。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は0.2%高 の2775.84で引けた。

大衆保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「経済のファン ダメンタルズ(基礎的諸条件)は依然として健全だ」と述べる一方、 「テクニカル的にはこの水準で一息つく必要がある」と語った。

原題:China’s Stocks Rise for 8th Day, Longest Winning Streak in Year(抜粋)