香港、銀行間金利の設定管理を強化-UBSの調査は継続

香港金融管理局(HKMA、中央銀 行に相当)は6日、香港銀行間取引金利(HIBOR)の設定管理を強 化する措置を発表した。HKMAはHIBOR設定で不正があったかど うかをめぐり、スイスのUBSへの調査を続けている。

HKMAの阮国恒(アーサー・ユン)副総裁は記者会見で、 HIBORの管理を香港銀行公会(HKAB)から財資市場公会 (TMA)に移管すると述べ、金利提示に関する指針をまとめることも 明らかにした。

銀行間取引金利を操作しようとしたとして英バークレイズとUBS が制裁金処分を受けたことで、世界中の監督当局と業界団体が銀行の調 査に乗り出している。阮副総裁はUBSへの調査の進捗(しんちょく) 状況について触れ、「検証すべき多くの文書がある」と話し、調査の終 了時期を特定するのは難しいと説明した。

原題:Hong Kong Strengthens Hibor Rules as Bank Regulator Probes UBS(抜粋)