ロンドン外為:ユーロが下落-入札控えたスペインは政治混迷

欧州中央銀行(ECB)の政策決定 を翌日に控えたロンドン時間6日午前の外国為替市場でユーロは下落。 スペイン与党の汚職疑惑でラホイ首相が野党から辞任を迫られるという 政治の混迷が嫌気された。スペインは7日に2015-29年償還債の入札も 計画している。

ロンドン時間午前8時42分(日本時間午後5時42分)現在、ユーロ は対ドルで前日比0.4%安の1ユーロ=1.3533ドル。対円では0.3%安の 1ユーロ=126円80銭。一時は10年4月以来のユーロ高の127円71銭とな った。

円は対ドルで一時1ドル=94円06銭と10年5月5日以来の円安水準 を付けた後、前日比ほぼ変わらずの93円69銭。

原題:Euro Weakens Against Dollar, Yen Amid Spanish Political Turmoil(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE