商品ヘッジファンドのマーチャント、人員を削減

ロンドンを拠点とするダグ・キング 氏が運用するマーチャント・コモディティ・ファンドが人員の約3分の 1を削減した。過去2年間に運用資産が約90%減少し、運用成績も2年 連続のマイナスとなったことが背景にある。

マイケル・コールマン最高リスク管理責任者(CRO)はインタビ ューで、同ヘッジファンドが先月、シンガポールとロンドンでトレーダ ーやアナリストら5人を削減し、現在の人員数は10人であることを明ら かにした。投資家が資金を引き揚げたため、運用資産は1月に1億7000 万ドル(約160億円)に減少した。同ファンドは2004年6月に資産1000 万ドルで運用を開始。10年末時点の運用総額は15億6000万ドルに達して いた。

農産物とエネルギーに投資するマーチャントの運用成績低迷は業界 のトレンドを反映している。米調査会社イーベストメントHFNによる と、商品ヘッジファンド400本余りの運用資産の合計は昨年、5%減少 して789億ドルとなり、08年の金融危機以降で初めて落ち込んだ。ニュ ーエッジ商品取引指数によれば、商品ヘッジファンドの運用成績は11年 がマイナス3.8%、12年がマイナス2.6%だった。

原題:Merchant Commodity Hedge Fund Cuts Jobs After Second Losing Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE