ミャンマー中銀:外銀の合弁事業設立、4月にも認可の可能性

ミャンマー中央銀行は、外国銀行の 国内銀行との合弁事業設立を4月にも認可し、金融制度改革を一段と進 める可能性がある。当局者1人が明らかにした。

金融監督部門の責任者キン・ソウ・ウー氏は、中銀は4月1日から 始まる会計年度中に合弁事業に関するルールを定める方針だと説明。当 局は国内銀の合弁会社への出資比率を20%以上とするよう義務付けるこ とも検討していると述べた。

同氏によると、合弁会社に続き、いずれは完全子会社や総合支店の 設立も外銀に認める方針だという。ネピドーの中銀本部での5日のイン タビューで語った。

原題:Myanmar May Allow Foreign Bank Joint Ventures as Early as April(抜粋)