米ナスダック、フェイスブック上場混乱の問題で決着に動く

米証券取引所運営2位のナスダック OMXグループは、米フェイスブックが上場した際に混乱が生じた問題 の決着に向けて動いている。米連邦当局との協議は進展しており、ナス ダックはブローカーとの和解案について判断待ちだ。

ナスダック関係者と米証券取引委員会(SEC)当局者は、フェイ スブックの新規株式公開(IPO)での不手際をきっかけに始まった協 議でナスダック市場の技術管理を精査している。協議が非公開であるこ とを理由に事情に詳しい関係者が匿名で語った。ナスダックとSEC は、500万ドル(約4億7000万円)の制裁金支払いが含まれる見込みの 和解に向け、予備交渉を進めていると、米紙ウォールストリート・ジャ ーナルは5日伝えた。

同関係者によると、SECはナスダックからの情報収集をまだ続け ている。昨年5月18日のフェイスブック株の取引初日には、取引開始前 に変更や取り消しが殺到し、システム障害が発生。投資家やブローカ ー、マーケットメーカー(値付け業者)の間で混乱を招いた。

ナスダックはこの問題に関連してブローカーへの6200万ドルの補償 を提案している。この補償計画に関するSECの審査期限は3月29日。

ナスダック広報のジョゼフ・クリスティネット氏は発表資料で、 「5月18日の出来事から発生した問題の解決に向けSECと協力してい る」とした上で、「われわれは厳しい状況下で適切かつ投資家の最善の 利益になるように行動したと引き続き確信している。多くのメンバーが 支持する和解案も自ら申し出ている」と述べた。

原題:Nasdaq Moving to Resolve Facebook IPO Mishap Amid SEC Talks (1)(抜粋)