米大手企業で女性CFOが急増-CEOはほぼ変わらず

米大手企で最高財務責任者 (CFO)の職にある女性の人数が過去1年間に35%増加した。女性経 営幹部の数は数十年間にわたって緩やかな伸びにとどまってきたが、 CFOの増加が目立っている。

ブルームバーグランキングが集計したデータによると、S&P500 種株価指数を構成する企業のCFOのうち女性は先月時点で54人と、前 年の40人から増加した。同指数の構成企業のCFOのうち約90%は依然 男性で占められているとはいえ、女性の数にほとんど変化のない最高経 営責任者(CEO)と比べると、女性CFOの増加が際立った。

資産規模で米最大の銀行、JPモルガン・チェースや米新聞発行大 手のガネット、ケーブルテレビ(CATV)運営事業者で米2位のタイ ム・ワーナー・ケーブルなどの主要企業のCFOが女性。CFOの職務 の重要性が増している時期と歩調を合わせて女性の増加傾向が強まって いる。2002年に制定されたサーベンス・オクスリー法で企業に対し財務 状況の透明性向上が義務付けられたため、CFOの職務への注目度が高 まり、CEOとの緊密な連携が求められるようになった。

企業幹部人材仲介会社、米クリスト・コルダー・アソシエーツの企 業統治担当責任者、マット・マクグリアル氏は「単なる経理担当という 古いイメージの職務ではない。CFOは組織全体を見渡す数少ない企業 幹部の一人だ」と指摘した。

原題:Women CFOs Reach Record Level in U.S. as Top Job Remains Elusive(抜粋)