ソロモン諸島でM8の地震-サンタクルーズなどで建物に被害

ソロモン諸島沖で6日起きたマグニ チュード(M)8.0の地震で津波が発生し、報道によれば南太平洋の島 々では多くの住宅が被害を受け、死者数人が出ているもようだ。

太平洋津波警報センターによれば、震源地に近いサンタクルーズ諸 島のラタウォーフでは高さ91センチの津波が観測されたほか、バヌアツ のルガンビルでも11センチの津波が到達した。ナウルやフィジー、ニュ ーカレドニアなどでは津波警報が解除された。

AP通信は政府報道官の話として、1.5メートルの高さの津波が2 波にわたって襲ったサンタクルーズ諸島の西部では約50戸の家屋が被災 したと報じた。APがソロモン諸島のランズリー警察本部長の話として 伝えたところでは、4人が死亡したもようで、犠牲者はさらに増える可 能性がある。

米地質調査所(USGS)によると、地震の発生は現地時間午後0 時12分(日本時間午前10時12分)。震源地はラタウォーフの西81キロの 地点で、震源の深さは5.8キロ。余震は少なくとも31回に達した。うち 2回はM6超で、通常構造のビルにかなりのダメージを与えた可能性が あるとUSGSはウェブサイトで指摘した。。

オーストラリア気象庁によれば、同国に津波の恐れはない。ニュー ジーランドは当局のウェブサイトで、ウェリントンやオークランドで津 波の可能性があるとしている。西海岸・アラスカ津波警報センターによ れば、津波の米国への影響は実質的にない。

原題:Magnitude 8 Quake Near Solomon Islands Triggers Tsunami (3)(抜粋)