米リバティ・グローバル、英ヴァージン・メディア買収で合意

更新日時

資産家ジョン・マローン氏率いる米 リバティ・グローバルは、英ケーブルテレビ(CATV)事業会社ヴァ ージン・メディアを160億ドル(約1兆5000億円)相当の現金と株式で 買収することで合意した。欧州最大の有料テレビ市場でルパート・マー ドック氏に挑むことになる。

両社の発表資料によると、買収合意は有料テレビで英2位のヴァー ジン・メディアの価値を1株当たり47.87ドルと評価する内容。これは 同社がリバティと交渉中であることを明らかにする前である4日の株価 終値を24%上回る水準。債務を含めた企業価値は233億ドルと評価して いる。

メディア業界の合併・買収(M&A)では2007年以来最大の規模と なる。実現すれば、リバティは世界最大のCATV事業会社、米コムキ ャストと互角に競うことになる。さらに、ブリティッシュ・スカイ・ブ ロードキャスティング・グループ(BスカイB)の筆頭株主である米ニ ューズ・コープを率いるマードック氏と新たなシェア争奪戦の火ぶたが 切られる見込み。マローン氏はリバティを活用して米国以外の市場でシ ェアを伸ばしており、既にドイツ、ベルギー、スイスなどの欧州諸国で 有料テレビを提供している。

ウンダーリヒ・セキュリティーズのアナリスト、マシュー・ハリガ ン氏は電話インタビューで、「リバティ・グローバルにとっては魅力的 な買収だ」と指摘。「今回の合意に伴って発行する株数は一部の市場関 係者の予想より多いかもしれないが、番組制作でそこそこのシナジー効 果が見込めるだろう」と語った。

合意によると、ヴァージン・メディアの株主は保有株1株につき、 現金17.50ドルとリバティ・グローバルのシリーズA株0.2582株、シリ ーズC株0.1928株を受け取る。

米コロラド州に本拠を置くリバティ・グローバルは現在、世界2位 のCATV事業会社。2011年には売り上げ全体の約90%を欧州で稼い だ。同社のテレビ、インターネット、電話サービスの利用者1960万人の うち欧州顧客が約1840万人を占め、特にドイツとベルギーで多い。

原題:Malone’s Liberty Global to Acquire Virgin Media for $16 Billion(抜粋)

--取材協力:Aaron Kirchfeld、Kenneth Wong、Cornelius Rahn、Matthew Campbell、Alex Sherman、Philip Lagerkranser.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE