米アフラック:10~12月期は8%増益-投資損益が改善

米医療保険会社アフラックの昨年10 -12月(第4四半期)決算は8%の増益となった。投資損益が改善し た。

5日の発表資料によると、純利益は5億8100万ドル(約540億円、 1株当たり1.24ドル)と、前年同期の5億3800万ドル(同1.15ドル)か ら増加。一部の投資損益を除いた営業利益は1株当たり1.48ドルで、ブ ルームバーグが集計したアナリスト21人の予想平均と一致した。

エリック・キルシュ最高投資責任者(CIO)は日本での保険金支 払いの原資となるポートフォリオのリターン拡大に向け、低利回りの日 本国債より米社債への投資を選好している。アフラックにとって日本は 最大の市場。

投資による実現純損は1億1100万ドル。前年同期は1億4600万ドル の純損だった。チュニジアやイタリアの銀行ウニクレディトの証券で減 損処理した。

アフラックの株価は昨年23%上昇と、2007年以来で最も値上がりし た。通期利益は29億ドルで、前年同期の19億ドルから増えた。

アフラックは保険料収入の大半を日本で稼ぎ、決算報告のため業績 を円からドルに換算している。円相場は10-12月期に10%下落して1ド ル=86円75銭となった。

今年の収益動向

ダン・アモス最高経営責任者(CEO)は発表資料で、今年の円相 場平均が1ドル=90円となれば、通期の営業利益は1株当たり6.37 -6.57ドルになるとの見通しを示した。これはブルームバーグがまとめ たアナリスト21人の予想平均6.61ドルを下回る。ニューヨーク時間午後 4時34分(日本時間6日午前6時34分)現在、アフラックの株価は時間 外取引で1.8%安の52.51ドル。

10-12月期は日本での新規保険販売(年率換算)が1.5%増加し た。通期では31%増えた。

アフラックは、自社株買いを今年4億-6億ドル相当実施すると指 摘した。昨年10-12月期は1億ドル相当の買い戻しを行った。

原題:Aflac Quarterly Profit Rises 8% as Investment Losses Narrow (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE