日銀総裁:任期満了前の3月19日に副総裁とともに辞職

日本銀行の白川方明総裁は5日、今 年4月8日の任期満了を待たずに、両副総裁の任期が到来する3月19日 に辞職することを安倍晋三首相に伝えた。同日開かれた経済財政諮問会 議後に白川総裁が官邸で記者団に明らかにした。理由として、総裁と副 総裁の新しい体制が同時にスタートすることが可能となると述べた。

同日夜、日銀内であらためて会見した白川総裁は辞任前倒しを表明 したタイミングについて、前日まで韓国のソウルで開かれていた国際決 済銀行(BIS)の会議など、国内外で先月22日に行った日銀の政策変 更に関して説明を行う機会があったとして、「私自身の進退について話 をする環境が整ったと判断し、今日、総理に申し上げた」と述べた。

また、「政府からの圧力ということは全くない」とし、自身の判断 であると強調。政府の圧力に対する抗議の辞任表明という見方について は「そうした意味合いは全くない。あくまでも新しい体制が同時にでき るということを目的としたものだ」と語った。

日銀次期総裁をめぐる候補者選びは大詰めに近づいている。政府は 月内にも正副総裁3人の後任候補を国会に提示し、承認を求める見通 し。甘利明経済再生担当相は1日の閣議後会見で、「総理は恐らく、複 数名の方の中で絞り込みをされつつあるんだろうなと思う」と語り、候 補者選びが最終段階に近いことを示唆した。

正副総裁人事は衆参両院での承認が必要な国会同意人事案件。与党 の自民・公明両党は、参院では過半数に達していないため、承認を得る ためには一部でも野党側から賛成を得る必要がある。

RBS証券の福永顕人チーフ債券ストラテジストは、新体制の下で 日銀の金融緩和が一段と進むと予想。白川総裁の辞任前倒しでこうした タイミングが若干早まると述べた。

6日の東京外国為替市場では、円がほぼ全面安の展開。白川総裁の 任期満了前の辞職表明を受け、新体制下で日銀の金融緩和路線が強まる との観測が広がった。ドル・円相場は約2年9カ月ぶりの円安値を更新 し、一時1ドル=94円台に近づいている。

--取材協力:Hiroko Komiya. Editors: 小坂紀彦, 杉本 等

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE