米保険ジェンワース:10~12月は17%増益-市場予想を上回る

米保険会社ジェンワース・ファイナ ンシャルの昨年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比17%増益と なった。トーマス・マキナニー最高経営責任者(CEO)の下では初の 決算発表。

5日の発表資料によると、純利益は1億6600万ドル(約155億 円)、1株当たり34セント。前年同期は1億4200万ドル、1株29セント だった。一部の投資損益を除く営業利益は1株34セントで、ブルームバ ーグがまとめたアナリスト10人の予想平均(27セント)を上回った。

ジェンワースの扱う長期介護保険は同社が予想したよりもコストが かかっている。また、米国の住宅ローン信用保険部門は、住宅バブル崩 壊後の保険金請求急増で損失を抱えている。

BTIGのアナリスト、マーク・パーマー氏は決算発表前、「米住 宅ローン信用保険部門の不振が他部門に波及するのではないかとの根強 い懸念があるため、ジェンワースの株価は上値が重い」と指摘。マキナ ニーCEOの起用は「同社が生命保険事業の立て直しに真に注力する構 えであることを示唆している」と述べた。

オランダのINGグループ幹部だったマキナニー氏は、1月1日に CEOに就任した。

原題:Genworth Reports $166 Million Profit as McInerney Takes Helm(抜粋)

--取材協力:Mary Childs.