ルクセンブルク財務相:ユーロ高を今のところ懸念していない

ルクセンブルクのフリーデン財務相 は、ユーロ相場の水準について今のところ懸念していないと述べ、その 強さはユーロ圏の経済の現状に沿ったものだとの認識を示した。

フリーデン財務相は5日夜、チューリヒでのイベント後のインタビ ューで、ユーロ相場は「欧州経済の基礎的データを反映したものだと思 っており、われわれは1年前にユーロが極めて弱いと考えていたことを 指摘しておく」と語った。ユーロ高を懸念しているかとの問いに対して は、「していない」と答えた。

同相の発言はフランス当局者と対照的だ。オランド仏大統領はこの 日、ユーロ圏各国がユーロ相場で行動する必要があると呼び掛けた。ユ ーロは今月、対ドルで1年2カ月ぶりの高値を付け、対円ではほぼ3年 ぶり高値に達した。

フリーデン財務相は、通貨戦争との指摘は誇張かとの問いに対し、 「その通りだ」と答えた。

原題:Luxembourg’s Frieden Says Euro Level Isn’t a Concern for Now(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE