米ADM:10-12月は予想上回る、大豆加工事業が好調

トウモロコシ加工で世界最大手、米 アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)の2012年10-12月 (第2四半期)決算は、利益と売上高がアナリスト予想を上回った。同 社は世界的な需要に対応するため、米国での大豆加工関連事業をフル稼 働させた。

ADMの5日発表によると、在庫増加や他の項目を除いた利益は1 株当たり60セント。ブルームバーグがまとめたアナリスト11人の予想平 均は58セントだった。売上高は前年同期比6.9%増の249億ドル(約2 兆3200億円)で、アナリスト7人の予想平均(227億ドル)を上回っ た。

純利益は5億1000万ドル(1株当たり77セント)と、前年同期 の8000万ドル(同12セント)から急増。油糧種子部門の営業利益はほぼ 倍増の4億1100万ドルになった。

原題:ADM Earnings Exceed Estimates After Record Soybean Capacity (1)(抜粋)