ユーロ圏:12月小売売上高は前月比0.8%減、予想以上の悪化

ユーロ圏の昨年12月の小売売上高は エコノミスト予想以上の落ち込みとなった。ドイツとスペインで大きく 減ったことが響いた。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)の5日発表による と、12月の小売売上高指数は前月比0.8%低下した。ブルームバーグが まとめたエコノミスト23人の調査中央値では0.5%低下が見込まれてい た。前年同月比では3.4%低下。11月は前月比0.1%低下(改定値)だっ た。

発表された国別のデータによれば、ドイツは1.7%減少。11月 の0.6%増からマイナスに転じた。フランスとスペインは12月にそれぞ れ0.2%、2.2%減となった。

ユーロスタットはイタリアとオランダ、ギリシャ、キプロスについ ては公表していない。

原題:Euro-Area Retail Sales Decreased More Than Forecast in December(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.