中国船が海自護衛艦に射撃管制レーダー照射、極めて特異事例と防衛相

中国軍のフリゲート艦が1月30日、 東シナ海の公海上で海上自衛隊の護衛艦に対し射撃管制用のレーダーを 照射したと、小野寺五典防衛相が5日夕、記者会見し明らかにした。小 野寺氏は「極めて特異的事例」で不測の事態が起こりかねない危険行為 として中国側に抗議したと語った。

同防衛相によると、この照射とは別に同月19日に海自の艦載ヘリコ プターに対して中国のレーダー照射が疑われる事例があったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE