英経済に低迷長期化の恐れ,成長率見通し下方修正-NIESR

今年の英経済成長率は従来予想を下 回るほか、低迷が長期化する恐れがあると英国立経済社会研究所 (NIESR)が指摘した。

NIESRが5日発表した資料によると、今年の英成長率は0.7% と、昨年11月時点で見込まれた1.1%を下回るもよう。2014年は1.5%を 予想している。オズボーン財務相に対し、景気支援を目的に財政引き締 めを緩めるべきだとも呼び掛けた。

英国は、国内総生産(GDP)が昨年10-12月(第4四半期)に前 期比0.3%縮小し、3番底の瀬戸際にある。NIESRは英GDP が2008年のピークを3%余り下回っており、リセッション(景気後退) からの回復ペースは100年で最も緩慢と指摘。15年までは、以前のピー ク水準に戻ることはないとの見通しを示した。

原題:U.K. Economy Faces Risk of a Prolonged Stagnation, NIESR Says(抜粋)