英BPの10-12月:減益、石油と天然ガスの生産落ち込み響く

欧州2位のエネルギー会社、英BP の2012年10-12月(第4四半期)は減益となった。石油と天然ガスの生 産が落ち込んだことが響いた。

BPが5日発表した資料によると、純利益は16億ドル(約1480億 円)と前年同期の77億ドルを下回った。一時項目と在庫変動の影響を除 いた利益は40億ドルと、ブルームバーグがアナリスト16人を対象にまと めた調査の予想平均37億ドルを上回った。

ボブ・ダドリー最高経営責任者(CEO)は、10年のメキシコ湾原 油流出事故を受け資産売却を進め、最も利益率の高い油井・ガス田に注 力している。同社はほぼ380億ドル規模の資産売却とロシアの合弁会社 TNK-BPの持ち分売却に伴い、生産の減少に見舞われている。同合 弁会社は生産の約4分の1を占めていた。

原題:BP Fourth-Quarter Earnings Decline as Production Retreats (抜粋)