アジア株:下落、欧州債務危機めぐる懸念が再燃-HTC安い

5日のアジア株式相場は下落。欧州 債務危機をめぐる懸念が再燃し、指標のMSCIアジア太平洋指数は1 年半ぶりの高値水準から値を下げた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時11分現在、前日 比1.1%安。

AMPキャピタル・インベスターズの戦略責任者、シェーン・オリ バー氏(シドニー在勤)は「欧州をめぐる懸念が戻ってきた」と述べた 上で、「株式相場はかなり伸びきっていたため調整は避けられない状況 で、そのきっかけが何になるのかというだけの問題だった。今月はさら に弱含む可能性がある」と指摘した。

台湾のスマートフォン(多機能携帯電話)メーカー、宏達国際電子 (HTC)は6.8%安と、昨年11月13日以来の大幅安。同社が発表した 1-3月(第1四半期)の売上高見通しは500億-600億台湾ドル (約1560億-1880億円)と、ブルームバーグがまとめたアナリスト19人 の予想平均(648億台湾ドル)を下回った。

原題:Asian Stocks Fall From 18-Month High on Europe as Aussie Weakens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE