米ゴールドマンをロシア政府が起用-海外でのイメージ向上狙う

米ゴールドマン・サックス・グルー プは、ロシアの海外でのイメージを向上させ、より多くの機関投資家を 呼び込むため、同国政府に起用された。

ゴールドマンは、ロシアの経済発展省と政府系ファンド (SWF)、ロシアン・ダイレクト・インベストメント・ファンド( RDIF)との間で3年契約を締結。政府決定の伝達や投資家との会合 設定などについて助言する。ゴールドマンの投資銀行担当マネジングデ ィレクター、セルゲイ・アルセイエフ氏(モスクワ在勤)が明らかにし た。

同氏は電話取材で、ロシアが接触している投資家層は新興市場投資 に熱心だと指摘。「ロシアのバリュエーションは依然として非常に魅力 的で、政府・民間両サイドで多くの興味深い機会があると考える」と述 べた。

ロシアのプーチン大統領は昨年、世界銀行の「ビジネス環境の現 状」でロシアの番付を2018年までに20位に改善することを当局に命じ た。昨年10月の最新調査で同国は順位を8つ上げて112位となってい る。非営利団体のトランスペアレンシー・インターナショナル(TI) が昨年12月に発表した腐敗認識指数では、ロシアは新興国のインドとブ ラジルよりは良かったものの、主要国では最悪だった。

原題:Goldman Sachs Hired by Russia as Corporate Broker to Boost Image(抜粋)

--取材協力:Christine Harper.