新発2年債利回り0.055%に低下、2004年3月以来の低水準

現物債市場で2年物の325回債利回 りが、前回取引のあった1日終値に比べて0.5ベーシスポイント(bp)低 い0.055%に低下した。新発2年債利回りとしては、2004年3月2日以 来の低水準。

日本銀行が5日実施した資産買い入れ基金による国庫短期証券 (TB)の買い入れオペでは、最低落札利回りは0.070%と、昨年7月 に同オペの下限金利(0.1%)を撤廃した後で最低を記録した。こうし た流れを受けて2年債に買いが入った。