メキシコ中銀総裁、「究極の嵐」を懸念-日本を名指しも

景気回復の兆候が新興市場や一部の 先進国への資本流入を促し、資産バブルにつながる恐れがあり、世界経 済に「パーフェクトストーム(究極の嵐)」が形作られつつあるのかも しれない。メキシコ中央銀行のカルステンス総裁が5日、こうした見方 を示した。

同総裁はシンガポールで講演し、「投資家にリスク志向が戻り、大 挙し利回りを追求している。クレジットブームが育んだ資産価格バブル の懸念が表れ始めている」と述べた。

日米などの金融緩和が高利回り資産の需要を促し、新興市場への資 金流入を膨らませ、「通貨戦争」のリスクが表面化している。ロシアは 先月、日本の円安を誘導させる政策が、各国が自国の輸出産業を保護し ようとするような作用を生む可能性があると警告した。

カルステンス総裁は「一部の新興市場経済への大規模な資本流入の 結果として、パーフェクトストームが形成されつつあるのかもしれない というのが私の恐れていることだ」と語った。「資産の不適切な価格形 成を特徴とするバブルにつながり、主要先進国が緩和的な金融政策から 抜け出し始めることで、流れが逆転する可能性がある」と指摘。その上 で、「実質為替レートを押し下げる戦略を実際に追求している国」とし て日本を名指しした。

原題:World Risks ‘Perfect Storm’ on Capital Flows, Carstens Says (1)(抜粋)

--取材協力:Eric Martin、Sharon Chen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE