米スーパーボウルの視聴者数は1億840万人-前2大会下回る

米テレビネットワークのCBSが3 日放送した米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王者決定 戦、第47回スーパーボウルの視聴者数は1億840万人となり、過去最高 を2年連続で記録した昨年と一昨年を下回った。CBSが4日、調査会 社ニールセンのデータを基に発表した。

試合はボルティモア・レーベンズがサンフランシスコ49ers に34対31で勝利。第3クオーター中に停電が発生し、34分間にわたって 試合が中断するハプニングがあった。今回の数字にはプレーが中断し、 テレビCMが流れなかった中断部分は含まれていない。

今回視聴者数が減少したことで、昨年まで7年連続で増加していた 右肩上がりのトレンドが途絶えたことになる。ただ、米調査会社レント ラックによると、停電のために視聴者数が減少したわけでないという。 カウエンのアナリスト、ダグ・クロイツ氏は、試合中断前に28対6と一 方的な展開となっていたことや、両チームとも全国的なファンが少なか ったことなどが要因だと電子メールで指摘した。

ニューヨーク・ジャイアンツとニューイングランド・ペイトリオッ ツが対戦した昨年は、視聴者数が1億1130万人に上り、米テレビ史上最 高の視聴者数を記録していた。グリーンベイ・パッカーズとピッツバー グ・スティーラーズの対戦となった一昨年は、1億1100万人だった。

ニールセンの視聴率調査によると、スーパーボウルの視聴者数記録 更新はならなかったものの、CBSの2012~13年テレビシーズンの総視 聴者数および広告市場が最も重視している同シーズンの18~49歳視聴者 数はテレビネットワークでトップとなる見通し

原題:Ravens’ Super Bowl Win Draws Smaller Audience Than Last Two (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE